チェーン店

マックのフライドポテト 塩加減を塩少なめで注文してみましたので感想を紹介します

マックのフライドポテト塩少なめ

最近、マックに行く事があります

その際にマックのフライドポテトを注文する事があります

ただ、マックフライポテトは塩が濃いんですよね

塩分が多いと、血圧も気になったりします

 

そこで、マックフライポテトを塩少なめで注文してみました

マックのフライドポテト塩少なめにして食べた感想を紹介します

通常のマックフライポテトの塩加減

公式ホームページにて、マックフライポテトの栄養成分表示の情報がありました

その情報を元に紹介します

標準の塩加減

マックフライポテトSサイズ ナトリウム 181mg、食塩相当量 0.5g
マックフライポテトMサイズ ナトリウム 329mg、食塩相当量 0.8g
マックフライポテトLサイズ ナトリウム 415mg、食塩相当量 1.1g

標準の重さ

重さも参考に記載します

マックフライポテトSサイズ 74g
マックフライポテトMサイズ 135g
マックフライポテトLサイズ 170g

買ったマックフライポテトMサイズの重さを量ってみました

  • 1回目 約135g
  • 2回目 約130g

ホームページの情報と変わらなかったです

カルビー ポテトチップス うすしお味 LサイズBAG 135gの場合

食塩相当量は0.8g~0.9g

(検索したサイトにより微妙に値が異なりました)

マックフライポテトの塩が多すぎるということではないですね

もっと多いと思っていましたが、調べてみて驚きました

マックのフライドポテトを塩少なめで注文

注文方法

「塩を少なめ」と注文すれば大丈夫です

よく注文があるのか? 知りませんが、スムーズに対応していただけました

調理過程

まずは通常の手順を簡単に紹介します

  1. 揚げる
  2. 油切りしたフライドポテトをバギングトレーに移す
  3. 塩をふる
  4. S・M・Lのバッグ(袋)に入れて、レーンに並べる

手順に関しては検索して調べました

実際にマックで働いたことがないので、あやふやなところもあります

塩少なめで注文をした場合の調理

2回塩少なめで注文をしましたが、最初から揚げて塩を少なめにしていました

揚げたてのフライドポテトはうれしいですよね

レシート

マックのフライドポテト塩少なめのレシート

LIGHT シオと表示されています

塩を少なめにしても料金は変わりません

塩少なめのマックフライポテトを実食

マックのフライドポテト

普通に注文をしてマックフライポテトを食べると、塩が多いなぁと思うことがよくありました

少なめにすると、ポテトそのもの味が伝わりやすくてよかったです

塩少なめはおすすめです

塩加減のブレ

近くから写真撮影してみました

1回目の注文

マックのフライドポテト

2回目の注文

マックのフライドポテト

日によってブレがありますね

2回目の注文の方が塩が少なめでした

1回目の2/3ぐらいの量に感じました

マックのフライドポテトを塩少なめにした感想

少なめはよかったです

今後は塩少なめ若しくは無しでもいいかなと思いました

あと、揚げたてが食べれたのもよかったです

 

マックとケンタッキーのポテト等、色んなメニューを食べ比べしてみました

参考にどうぞ

ケンタッキーフライドチキンのロゴ
ケンタッキーとマック どっちにするか? 違いを紹介最近、ケンタッキーフライドチキンに行く機会が増えています たまには、マックもいいかなぁと思い、迷う事があるんですよ 私はケンタッキー...

それでは、また

こちらの記事もおすすめ!