グルメ

簡単 水出し 昆布だしの取り方 普通にとると少し薄いので対策した

羅臼昆布

料理を作る時、顆粒だしもいいけど、どうせだったら出汁を使いたいですよね

でも、出汁とるのって、手間がかかって面倒。。

水出し 昆布だしの取り方をテレビ番組で見ました

いろいろとテレビで見たコツがあるので紹介します

超簡単 手抜きレシピ 水出し 昆布だしの取り方

NHK 2019年2月23日放送「助けて! きわめびと」にて放送していた昆布だしの情報

材料 

  • 水1リットル
  • 昆布20g

作り方

むぎ茶等のボトルに水を入れて、その中に昆布を入れる

冷蔵庫に入れて、1〜2晩おく

保存期間

冷蔵庫で、1週間

ぬめりが、気になる人は、2日ほどたったら昆布をとる

水出し昆布

「助けて! きわめびと」で紹介していたコツ 

  • 昆布の重さをはかる

昆布1枚入れるとか、10cmx10cmとかだと、昆布の厚さや重さが違う

昆布は重さを測って使うとおいしいだしが、とりやすい

水1リットルに対して、昆布20gがいいとの事でした

「プレパト!!」で紹介していたコツ

出汁が薄くならないようにするコツ

芸能人の作った料理を専門家が判定するコーナーがあります

芸能人が水出しの昆布だしを冷蔵庫に入れて1晩おいて、料理を作ってました

そこで、芸能人が作った水出しの昆布だしに、出汁が薄いと分とく山の野崎洋光(敬称略)が指摘してました

水出しの昆布だしが薄くならないコツ

  • 昆布に切れ目を入れて、ボトルに入れる

切れ目を入れた方が濃い出汁がとれる

「助けて! きわめびと」にて紹介していた昆布の選び方

日高昆布

比較的手頃な価格で買える

やわらかいので、出汁をとるだけでなく食べるのにも向いてる

真昆布と羅臼昆布

濃い出汁が取れるので、出汁の初心者でも、昆布の味をわかりやすく取れる

利尻昆布

京都の料亭などで人気なのが、利尻昆布

香りがよく澄んだ出汁がとれる。お吸い物にぴったり

水出し 昆布だしの取り方の感想

水出し昆布

水出しの昆布だしだと、出汁とるの簡単ですよね

元々はバルで料理を作る人に、作り方を聞きました

その人は、家でいつも冷蔵庫に水出し 昆布だしが入っているそうです

 

あと、テレビで紹介したか覚えていないんですが、昆布はごしごしと水洗いしないのがおすすめ

固くしぼったふきんで、さっと拭いてから使った方がいいです

 

利尻昆布とか高いので、日高昆布でも十分いいと思います

昆布に切れ目を入れる

  • 1.5日以上おく
  • 昆布は多め

ポイントだと思います

テレビでは1Lあたり20gと紹介してましたが、昆布に切れ目が入れるのが大事だと思いました

切り目を入れれば1.5日以上おけば、きちんと出汁がとれてました

 

手を抜きながらも、美味しい料理作りたいですよね

私の場合、出汁をとったもので、土鍋でご飯を炊いたりしています

 

麻婆豆腐の辛さを和らげる方法を紹介しています

参考にどうぞ

四川麻婆豆腐
激辛の陳麻婆豆腐 辛さを控えめに和らげる調整方法ヤマムロの陳麻婆豆腐の辛さが好きでよく購入してます でも、辛さが苦手な家族がいる場合には困りますよね 今回、辛いのと、辛さを和らげた...

それでは、また

こちらの記事もおすすめ!