グルメ

アイランド食品「ホープ軒」スーパー市販 チルドの袋麺 アレンジしてみました

ホープ軒 袋麵

家でラーメンって食べたくなる事ありますよね?

そんな時に、有名店監修のラーメンだったら、本格的な味で食べれそうですね

そこで、背脂豚骨醤油ラーメンのルーツと言われている吉祥寺のホープ軒本舗の背脂醤油ラーメンが、袋麺として売っていたので、買ってみました

 

ホープ軒のラーメン、パッケージを見ると、とても美味しそうじゃないですか!

そこで、複数個、買ってみました

ホープ軒の袋麵のラーメンを食べた感想やアレンジを紹介します

吉祥寺ホープ本舗とは

1938年創業の老舗

吉祥寺駅から徒歩約3分

ホープ軒は、東京にて、背脂豚骨ラーメンの元祖と言われるお店 

 

戦後に、一から希望を持ってという意味で「ホープ軒」という屋号にしたらしい

(戦後について、全く知らないので、インターネットで検索しました) 

スーパーで市販されているアイランド食品の銘店伝説 チルド麺 ホープ軒のパッケージ

ホープ軒 袋麵

赤がはいったパッケージから黄色のパッケージに変更されました

アイランド食品 ホープ軒のパッケージの大きさ

  • 横約27cm x 縦約16.5cm x 高さ約4.5cm

冷蔵のチルド麺のパッケージとしては、標準的な大きさですね

パッケージ表面

ラーメンの盛り付け

黄色の背景パッケージに、大きく「ホープ軒」の文字

ドンブリには

  • チャーシュー
  • 長ネギ
  • 海苔

美味しそうな感じです

銘店のこだわり

屋台から始まった背脂系スープの元祖。

豚骨ダシをベースに背脂とニンニク、醬油が決め手のこってり風味です

こってり、いい意味で偏っていて、いいじゃないですか!

アイランド食品 銘店伝説の説明

極限までこだわった味の再現度。銘店伝説

※店主が納得するまで商品化は絶対に致しません。

何か極限までこだわったとか、書かれていると、期待しちゃいますね

(お店風みたいな味になっていないといいですね)

 

アイランド食品のホームページを参照すると、銘店伝説のチルドシリーズは、各地の銘店店主指導の下、味をとことん追求した商品群だそうです

パッケージの裏面 ホープ軒のチルド麺 再現に関する説明

  • ここにこだわって再現しました! 

屋台から始まった背脂系スープの元祖。

豚骨の炊き出し感と背脂のコク、

程よいにんにくの風味にもこだわって再現しました。

パッケージの中身

アイランド食品 ホープ軒の中身
  • 麺 ×2
  • 添付調味料 x2

麺や添付調味料は、1人前づつ密封されているので、1度に全部使う必要はありません

スーパー市販 アイランド食品の銘店伝説 チルドの袋麺 ホープ軒のボリュームやカロリー等の情報

ボリューム・量

  • 麺 110g×2
  • 添付調味料 80gx2

サッポロ一番 みそラーメンの内容量は100g、麺重量は90g。ホープ軒の袋麵の方が、量は少し多めですね

カロリー等の食品栄養成分表示

めん110g、添付調味料1袋当り

  • エネルギー 530.4キロカロリー
  • たん白質 17.1g
  • 脂質 20.4g
  • 炭水化物 69.5g
  • 食塩相当量 7.2g

以前のホープ軒の袋麵は549.1キロカロリーでしたが、リニューアルされて、カロリー低くなりました

サッポロ一番 みそラーメンの内容量は100g当りのカロリーは447キロカロリーです

ホープ軒の袋麵のカロリーは、少し高めですね

賞味期限

  • 40日 

値段・価格 

スーパーで390円ぐらいでした

スーパー市販 アイランド食品の銘店伝説 ホープ軒 チルド麺のラーメンのレシピ・作り方

具材

1人前分 

  • メンマ 適量
  • チャーシュー 2枚
  • 海苔 1枚
  • 青ネギ 少々

ホープ軒のパッケージの具材を見ると、チャーシューと海苔、長ネギのトッピングです

作り方 

  • 沸騰したたっぷりのお湯に麺をほぐし入れ、2分~2分半ゆでる
ホープ軒 ゆで
  • ゆでている間に、スープを器に入れる
ホープ軒の袋麵のスープ
  • その後270ccのお湯を入れて、かき混ぜる
ホープ軒のスープの素にお湯

しゃぶしゃぶのゴマダレみたいな白っぽい薄い茶色です

すこし、背脂がみえます

  • 麺がゆで上がったら、お湯を良く切って2のスープに入れる
  • 具材をのせて完成
ホープ軒の袋麵 完成

作る時のこつ 

  • 事前に具材は切ったりして、用意しておく
  • 麺を沸騰したお湯に入れる時、よくほぐした方がいい
  • 麺を茹でた後、お湯はよく切る

味の感想

ツヤツヤしたいい感じの黄色

ストレートで、少しもちもち、ソフトなのどごし

コシは、つよくなかった

まあまあ、好み

沸騰したお湯に入れる時に、ほぐしながら入れたけど、少しだまになっていた。。

スープ

味が濃い。昔ながらの豚骨醬油ぽい味

舌が少し痺れる

 

味が濃く、スープは最後まで飲めませんでした。。 

具材との相性

青ネギ

青ネギは入れた方がいい。食感のアクセントになる

メンマ

メンマも食感がかわるので、出来たら入れた方がいい

チャーシュー

好み次第ですね。 入れなくても、ありだと思った

銘店伝説ホープ軒を野菜マシ、ニンニクのアレンジレシピ

f:id:hatux10y:20190820231317j:plain

具材

  • もやし 1/2袋
  • 青ネギ 1本
  • キザミニンニク 2かけ
  • ゆで卵 1個(たまたまあったので)

作り方 

基本の作り方に、茹でたもやしや青ネギやキザミニンニク、ゆで卵をトッピング

味の感想 

  • アレンジを加えて良かった
  • もやし多めと青ネギは、食感にアクセントがでる
  • 刻みニンニクは、インパクトが少し加わった

(ラーメン二郎が刻みニンニクなので、今回刻みニンニクにしました。あと、もっと、刻みニンニク多めでもいいと思いました。)

もやしや青ネギ、刻みニンニクを加えるアレンジです

銘店伝説ホープ軒を、赤坂四川飯店 陳健太郎のレシピでアレンジ

先日、NHKのあさイチにて、陳健太郎(敬称略)が豚そぼろのレシピを放送していました

陳家伝統の味だそうです

ラーメンにも合うとの事で、豚そぼろを使ったレシピを紹介します

豚そぼろの材料

  • 豚ひき肉 300グラム
  • 酒 大さじ1
  • しょうゆ 大さじ2
  • 甜麺醤(テンメンジャン) 大さじ2
  • サラダ油 大さじ2分の1

作り方

  • ‎サラダ油をフライパンに入れ、豚ひき肉をよーく炒める

ひき肉から出る脂が透明になるまで、炒める

濁りは豚独特の”臭み”

透明を目指して炒める

豚そぼろ

上の画像は、ひき肉を炒めている途中です。まだ、ひき肉から出る脂がまだにごっている状態

  • ひき肉から出る脂が澄んだら、酒・醬油を加えて、水分がなくなるまで炒める
  • 甜麵醬を加えて、全体になじむように炒めたら、完成
豚そぼろの作り方
  • 豚そぼろは、つくりおきをして、焼きそばやチャーハンにも合うとの事
  • 豚そぼろが冷めたら保存容器に入れて、冷蔵庫で約10日間保存可能
  • 冷凍庫の場合、約3週間保存可能
  • ホープ軒のラーメンに、豚そぼろを加えてみました
ホープ軒 豚そぼろアレンジ

豚そぼろを、くずしながら食べると味噌ぽい味になり、味変になりました

おすすめです

ホープ軒 つけ麺にアレンジしたレシピ

ホープ軒の袋麵 つけ麺にアレンジ

具材

  • 青ネギ 好みの量
  • 煮卵 1個

作り方 

つけ汁 

お湯100ccに添付調味料を入れ、よく混ぜる

好みでお酢を加えるのが、おすすめ

麺 

  • 通常より少し長めの時間(約3分)で、麺を茹でる
  • 茹でた麺をザルに入れ、流水ですすぎ、水気をよく切ります
  • 盛り付けて完成

味の感想

濃いめのつけ汁で、いい感じでした

つけ麺にするのもありですね

スーパー市販のチルド麺 アイランド食品の銘店伝説「ホープ軒」感想

通常の作り方 

そのままだと、特に美味しいとは感じませんでした。。

味は濃い目だけど、普通。 背脂たっぷりとか、ジャンク感もない

もう少し、特別感がほしいと思いました

 

ホープ軒とか、言われなければ、「あ~。普通のラーメンだね」と、なっていたと思います

アレンジをした作り方 

通常の作り方に比べて、アレンジを加えたらよくなった 

アレンジを加えるのおすすめです

全般的にですが、もう少しジャンク感たほしいと思いました

アイランド食品の銘店伝説「ホープ軒」のおすすめ度

1.9点

(個人の感想です)

 

豚骨ラーメンだったら、アイランド食品 銘店伝説 吉村家の方が味が好みでした

吉村家のインスタント袋麵を紹介しています

あと、豚骨ラーメンの有名店風アレンジもしています

 

参考にどうぞ 

アイランド 食品横浜ラーメン 家系総本山 吉村家パッケージ
アイランド 食品横浜ラーメン 家系総本山 吉村家 インスタント生麺 有名店風アレンジの紹介先日、横浜ラーメン吉村家のチルド麺をスーパーで見つけました 若い時に、横浜の吉村家で食べたら印象よかったんですよね その味を家で食べ...

それでは、また

こちらの記事もおすすめ!