グルメ

陳麻婆豆腐と陳建一麻婆豆腐店の違い、別なのか? 元祖は?

麻婆豆腐って、いろんな種類ありますよね

陳麻婆豆腐と麻婆豆腐、陳健一麻婆豆腐、何が違うのかわかりづらいですよね?

知人も勘違いしていたので、以前から知っていた事と調べた情報を合わせて、紹介します

陳麻婆豆腐

陳麻婆豆腐の元祖

中国四川省の成都市にて、陳劉(敬称略以下も敬称略)が来客者に作っていた

彼女は陳麻婆と呼ばれていたので、陳劉が作る名物の豆腐料理は、陳麻婆豆腐と呼ばれたそうです

陳麻婆豆腐のお店の表示

  • 創始一八六二年
  • 元祖陳婆さんの麻婆豆腐
  • 中国四川省成都市
  • 陳麻婆豆腐創始人 陳劉
f:id:hatux10y:20181205173248j:plain

中国の担担麵

担担麵

麻婆豆腐発祥の店「陳麻婆豆腐店」には、昔の四川省成都の担担麵を再現したメニューがあります

再現をしたメニュー「幻の屋台式担担麺」の説明文です

担担麵は路上で天秤棒に桶をぶらさげて売り歩いたのが始まり。幻の屋台式担担麵は当時の味のまま、小盛り、汁なしで提供します。

日本で麻婆豆腐が広まった理由

陳建民(敬称略以下も敬称略)によるレシピ

NHKのきょうの料理にて、陳建民が麻婆豆腐を紹介し、広まった

その当時は、一般家庭では四川そのままの調味料の入手が難しかった

そこで、日本の家庭で入手しやすい調味料でアレンジをした、あまり辛くない麻婆豆腐のレシピを紹介した

(再放送をテレビで見たんですが、ちょっとうる覚え。。)

陳建民が麻婆豆腐を紹介した後に、丸美屋等が麻婆豆腐を売り出して、更に広まった

なので、そんな辛くない麻婆豆腐が家庭の味として、覚えられてるんですね

陳建一麻婆豆腐店

陳建民の息子である陳建一(敬称略以下も敬称略)がチェーン展開しているお店

お店によって、メニューの表現が異なる

メニュー名は四川麻婆豆腐や陳式麻婆豆腐や正宗麻婆豆腐、本場四川麻婆豆腐等、わかりづらい。。

でも、一番辛いのが、赤坂四川飯店の陳麻婆豆腐に寄せているんだと思う

(赤坂四川飯店の麻婆豆腐のメニューは、陳麻婆豆腐と麻婆豆腐の2種類です)

陳という苗字に関して

同じ、陳という苗字だから、わかりづらいのかもしれません

陳は中国では、非常に多い苗字で、5番目に多い苗字名です

日本で言えば、田中とか、伊藤のような多い苗字なんですね

陳麻婆豆腐と陳建一麻婆豆腐店の違い まとめ

  • 元祖の中国四川省の成都市の陳麻婆豆腐からチェーン展開された陳麻婆豆腐
  • 日本の料理番組で、家庭向きに辛くない麻婆豆腐を広めたのは、陳建民
  • 陳建民が日本に広めたそれほど辛くない麻婆豆腐とは別に、本格的な四川麻婆豆腐をメニューとしてチェーン展開し広めた陳建一の麻婆豆腐店

久しぶりに、赤坂四川飯店や景徳鎮に行きたくなりました

 

元祖の中国四川省の成都市の陳麻婆豆腐の素の紹介してます 

参考にどうぞ

ヤマムロ陳麻婆豆腐の素 成都から輸入 作り方も紹介 正直レビュー – 気楽なアーリーリタイアメントを目指して ノトーリアス・Y

 

それでは、また