鑑賞

八王子市夢美術館「エドワード・ゴーリーの優雅な秘密」うろんな客 感想

エドワード・ゴーリー展示作品 うろんな客やギャシュリークラムのちびっ子たち  正直レビュー

美術館って、静かでゆっくりできますよね?

今回行ったゴーリー展はお子さま向けの絵本が有名だけれども、大人こそ楽しめる美術展

世界各国の絵本となっている「うろんな客」の描写は面白い

(うろんとは、「疑わしくて、怪しいの意味」)

制服を着た女子高生? がゴーリーのグッズを複数買っていました(気持ちわかる)

ゴーリーについて、よく知らなかったんですが、解説(説明文)がわかりやすく、楽しめました

解説や作品を紹介します

行き方(アクセス) 

JR八王子駅北口からユーロードを歩き、20号(甲州街道)を左にすすむ

たましんの前

徒歩約15分

展示会期間

2018年7月13日から9月2日

見どころ

メインビジュアル うろんな客

解説が詩になっていました

「ふと見れば 壺の受けにぞ 何か立つ

珍奇な姿に 一家仰天」

 f:id:hatux10y:20180921115047j:plain

 左上の壺の上に乗っているのが、うろんな客

「 突然現れ、好き勝手する姿に憎めない感情を抱く読書が多いからか、ゴーリー作品に登場する 生きもののなかでも、最も人気のあるキャラクターとなっています。」

うろんな客の絵本は、各国版が出ている

ドイツ、スペイン、韓国、台湾、イタリア、フランス

英語名の絵本は、「The doubtful Guest」

ギャシュリークラムのちびっ子たち 

販売しているトートバッグの一部、お店の人の許可を得て撮影

(作品は撮影不可)

f:id:hatux10y:20180809181351j:plain

解説

「Aはエイミー かいだんおちた

Bはベイジル くまにやられた

本作では、AからZまでの頭文字の名前を持つ26人の子どもたちが、次々と災難に遭っていく姿が描かれています。

柴田元幸氏によると、19世紀のイギリスでは悪さをした子供が悲惨な目に遭う、いわゆる”cautionary tales”(教訓譚)と呼ばれ、教えてさとすような姿勢の詩や物語が数多く書かれたといいます。

本作もそうした型を踏まえていますが、とにかく悲惨な目に遭っていきます。

原文訳文ともに2組ずつ韻が踏まれており、声に出して面白い作品です。」

作品では、英文が書かれていました

「B is for Basil assaulated by bears」

アルファベット順の名前から子供たちが一人ずつ、悲惨な死をとげるって、少し怖い物語ですよね

キャッツ ポッサムおじさんの実用猫百貨

この本はミュージカル キャッツの原作

ゴーリーが挿絵を手掛けている

ゴーリーは6匹の猫と暮らしていたとの事でした

子供向けで楽しめるか?(子どもと一緒に行けるか)

 

猫の作品が多いものの、大人では楽しめるが、小学生低学年以下には微妙

 

人気作品に出てくる「悪さをした子供が悲惨な目にあう教訓譚(きょうくんたん)」を説明したりするのは、子供の年齢により判断が分かれる

ムーミンの作者トーヴェ・ヤンソンはエドワード・ゴーリーを敬愛していたそうです

感想

キャプション(解説)もわかりやすく、楽しめる

大人にもゴーリーの魅力がよく伝わる展示会と思う

その反面、モノク作品が多いのと、「悪さをした子供が悲惨な目にあう教訓譚(きょうくんたん)」は小学生定額のお子さまには早いかなぁと感じた

次回の展示

王立宇宙軍 オメアミスの翼展

展示期間 2018年9月14日から11月11日

それでは、また

美術館データ(住所、定休日、営業時間)

住所 東京都八王子市八日町8-1 ビュータワー八王子2F
閉館日(定休日) 月曜日(祝日、振替休日の場合は開館し翌平日休館)
開館時間(営業時間) 10:00 〜 19:00(入館は午後6時30分まで)
こちらの記事もおすすめ!