気楽なアーリーリタイアメントを目指して ノトーリアス・Y 

気楽に書いています。 百貨店外商カード等お得な情報 レストランへ少し辛口のコメント ハワイの情報等を書いてます

マルハニチロ 冷凍チャーハン 赤坂璃宮 譚 彦彬監修のあおり炒めの焼豚炒飯をアレンジ

先日、スーパーの冷凍食品コーナーで赤坂璃宮オーナーシェフ譚 彦彬(敬称略以下も敬称略)監修のあおり炒めの焼豚炒飯を見つけました

離宮って、憧れのお店だったんですよ

初めて離宮で食事をした時には、「一流店で食事出来るようになれたんだなぁ」と思いました

離宮には何十回と行った事のある知人の口コミも含め、感想を紹介します

 

私は普段、冷凍食品をほとんど食べないので、冷凍チャーハンの平均の味がわからないんです。。

ただ、~監修というと、期待する部分があるんですよね

正直なレビューとアレンジレシピを案内します

 

最後に点数をつけるんですけど、驚きの結果になりました

赤坂璃宮 オーナーシェフ 譚 彦彬について

譚 彦彬監修 

譚 彦彬(たん ひこあき)はテレビ出演したりしていて、有名シェフですね

検索して知ったんですけど、京王プラザホテル「南園」にて副料理長していたんですね

 

譚 彦彬が広東料理をはじめたきっかけや、日本と香港の食材の違いも語ってます

銀座料飲組合の公式動画です

(最初の部分のみ中国語です。その後インタビューは日本語です)

参考にどうぞ 


「美味しい銀座」#1

マルハニチロの冷凍チャーハン 「あおり炒めの焼豚炒飯」のパッケージ

f:id:hatux10y:20191003223643j:plain

パッケージの見た目 

真ん中に炒飯の写真

左下に、小さく 「赤坂璃宮オーナーシェフ 譚 彦彬監修」と書かれてます

控えめなアピールですね

マルハニチロ あおり炒めの焼豚炒飯 パッケージの説明

「コクと旨みのジューシー焼豚」

説明シンプルですよね。驚きました

あまりにも説明が少ないので、マルハニチロのホームページの情報を紹介します

マルハニチロのホームページ あおり炒めの焼豚炒飯の説明 

 赤坂璃宮 譚オーナーシェフ 直伝の「あおり炒め製法」でパラッとふっくら、香ばしく仕上げた本格炒飯です。焼豚はコクのある特製ダレでじっくり焼きあげました。 

パッケージの大きさ 

  • 横 約24cm x 縦 約16cm x 厚さ 約5.5cm

マルハニチロの冷凍チャーハン 「あおり炒めの焼豚炒飯」カロリー等の特徴

あおり炒めの焼豚炒飯の量 

  • 450g+50g

(通常の量に50g追加されてました)

ご飯お茶碗1杯分150gとすると、多めの3杯食べれますね

スーパーによっては、450gの場合もありますね

値段 

  • 258円(税別)

スーパーで売っていた値段です

賞味期限 

  • 約10ヵ月半後

スーパーで買った時の賞味期限です

カロリー等の栄養成分

100gあたり

  • エネルギー 211kcal
  • たんぱく質 4.9g
  • 脂質 7.1g
  • 炭水化物 31.8g
  • ナトリウム 573mg
  • 食塩相当量 1.5g

ニチレイフーズの「本格炒め炒飯」と比べた場合に、カロリーはほとんど変わらないですね

ただ、ニチレイフーズの本格炒め炒飯は食塩相当量1.2gなので、少し食塩相当量多い

原材料名 

  • 米(日本)
  • 液卵
  • 焼豚
  • ねぎ
  • 香味油
  • オイスターソース
  • しょうゆ
  • 植物油脂
  • 食塩
  • エキス(ポーク、かに、酵母)
  • 異性化液糖
  • たん白加水分解物
  • 香辛料
  • 油脂加工品
  • 卵黄粉
  • いため油(なたね油)
  • /調味料(アミノ酸等)
  • 加工でん粉
  • 香料
  • 着色料(カラメル、カロチノイド)
  • (一部にかに・小麦・卵、ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

あおり炒めの焼豚炒飯 テレビの評判 

知らなかったんですけど、冷凍食品総選挙2019にて1位

評判いいですね

マルハニチロの冷凍チャーハン 「あおり炒めの焼豚炒飯」のこだわり 

f:id:hatux10y:20191004003632j:plain

TBSのテレビ番組「この差って何ですか?」にて、こだわりが紹介されてました

社員が譚オーナーシェフの元に1ヵ月間弟子入り

譚オーナーシェフの作り方を徹底研究し、シェフの味を再現できるロボットを造ったそうです

各工程で鍋に使う3枚の羽根の回転速度を変えたとの事

具体的な調理方法 
  • 卵をゆっくり炒めてふっくらさせる
  • 卵+ごはんをゆっくり炒め熱を加える
  • 鍋肌に押し付けながら、ご飯を炒める
  • 鍋肌の温度を300℃まで上げる

(譚シェフの工程を実測したそうです)

  • 高温あおり炒めにて、独自の炒め香味感を出す
  • 調味料+具を高速あおり炒めでパラパラにする
あおり炒めの焼豚

オイスターソース+ハチミツ+黒糖にて、旨みとコクを出す

TBSのテレビ番組「この差って何ですか?」での焼豚の味紹介 
  • オイスターソースがベースの焼豚。焼豚が甘め
  • ハチミツと黒糖が分かる気がする
  • 豚肉を噛んだ時に甘味がジュワーっと出てくる 

マルハニチロの冷凍チャーハン 「あおり炒めの焼豚炒飯」の温め方

電子レンジの場合

電子レンジで温めるだけ

電子レンジで温めるだけでいいというのは簡単ですね

1/2袋の場合 

ラップをかけずにそのまま加熱

  • 500W/約4分10秒
  • 600W/約3分50秒 
1袋の場合 

ラップをかけずにそのまま加熱

  • 500W/約8分10秒
  • 600W/約7分20秒 

フライパンで調理する場合

フライパンをあたため、油をうすくひく

凍ったままの商品を中火で炒める

  • 中火 約4~5分 

マルハニチロの冷凍チャーハン 「あおり炒めの焼豚炒飯」の味

f:id:hatux10y:20191004015911j:plain

あおり炒めの焼豚炒飯の見た目

特に普通のチャーハン

具は焼豚とネギ、卵。卵は多めです

見た目、とても普通ぽい

あおり炒めの焼豚炒飯の味

冷凍食品のチャーハンをほとんど食べた事ないんですけど、普通に美味しい。冷凍食品とは思えない

特別な特徴があるわけではないけど、バランスがとれている

少し、塩が強いかなぁと思いました

 

時間が経って冷めると、美味しさを感じませんでした

お弁当に入れる場合には、あまり向いていないと思います

マルハニチロの冷凍チャーハン 「あおり炒めの焼豚炒飯」の手抜き簡単アレンジレシピ

簡単に色々とアレンジしてみました

ゴマ油+あおり炒めの焼豚炒飯

セブンイレブンをテレビにて紹介していた際に、セブン商品本部の冷凍食品担当のおすすめのチャーハンの作り方を紹介していたので、試してみました

  • フライパンで軽く炒める
  • ゴマ油を最後に垂らす

ゴマ油の風味がいい感じになりました 

とろけるチーズ+あおり炒めの焼豚炒飯

作り方は、電子レンジで温めるだけです。

とろけるチーズは途中から入れました

 

見た目、地味でした。。

味としては、ドリア風になってよかった

チーズとの相性いいですね

ヤマムロ 成都陳麻婆 陳麻婆豆腐+あおり炒めの焼豚炒飯 

f:id:hatux10y:20191004104125j:plain

ヤマムロ 成都陳麻婆 陳麻婆豆腐調味料は、好みの味で何度かリピート買いしてます

麻婆豆腐と普通に相性よかったです

コース料理にて、麻婆豆腐とチャーハンを同時に出すお店もありますね

 

ヤマムロ 成都陳麻婆 陳麻婆豆腐調味料を紹介しています

参考にどうぞ 

www.kirakublog.com

牛皿+あおり炒めの焼豚炒飯

f:id:hatux10y:20191004104809j:plain

すごく手抜きです

吉野家の牛皿をのせるだけ

牛皿、単品だけだと地味ですよね。

チャーハンだけでも地味

合わせるだけで、少し豪華に見えますね

エビの殻の出汁+あおり炒めの焼豚炒飯 

f:id:hatux10y:20191031010811j:plain

有頭海老を使う時って、下処理で海老の頭や殻をとりますよね

(そのまま、使うのもありですが)

海老の頭や殻で出汁とります

材料

エビの殻 

出汁のとり方
  • 海老の頭や殻を煮込む

f:id:hatux10y:20191031011301j:plain

  • 水を加えて、沸騰させる
  • その後弱火にて、30分から1時間煮込む
  • 途中でかき混ぜる。ザルにて、こして完成

(布巾を使って、こすのもいいです。殻だけ入らないように気をつけましょう) 

作り方

f:id:hatux10y:20191031025319j:plain

エビの殻で出汁を使って、チャーハンを作る

海老の出汁が効いていて、美味しい

海老の殻を使い出汁をとると、色んな使い方があるので、おすすめです 

マルハニチロの冷凍チャーハン 「あおり炒めの焼豚炒飯」の感想

簡単に作れる冷凍食品って、便利でいいですね

味もいい意味で期待を裏切ってよかった

多分、リピート買いすると思う

 

ただ、お弁当に入れる場合には冷えて味が落ちるのがイマイチですね

冷凍食品はお弁当に入れるイメージがあるんですけど、お弁当には向かないと思いました 

点数 

3.4

(個人の感想です)  

 

それでは、また