気楽なアーリーリタイアメントを目指して ノトーリアス・Y 

気楽に書いています。 百貨店外商カード等お得な情報 レストランへ少し辛口のコメント ハワイの情報等を書いてます

「ゲティ家の身代金」を見てきた ネタバレなし 実話の映画

の映画見た後に、「難しく、理解が大変だった」って、ありませんか?

今回、内容を理解できずに「難しい映画で、最後までわからなかった」という人達が近くにいました

映画館で見たり、ツタヤ等でレンタルして「難しい映画で、最後までわからなかった」とならないように、ネタバレなしで、紹介します

 

TOHO 新宿に見に行きました。 ゴジラがビルの上に顔を出しています

たまに吠えます(1分間ぐらいのイベント) 

f:id:hatux10y:20180530142209j:plain

 

映画「ゲティ家の身代金」(洋画)  元ネタも調べてみた

ゲティ家の身代金 あらすじ

あらすじ wikipedia等も参考にしました

 

1973年ローマ。 石油王であり世界一の大富豪であったジャン・ポール・ゲティの孫17歳ポールが計画的に誘拐されてしまう

そして、母親ゲイルに1700万ドルという巨額な身代金要求の電話が入る目的1700万ドルという巨額な身代金を要求する電話が入る

ゲティに相談するも、ゲティは金銭に対する欲も強いため身代金の要求を拒否

ポールの母親ゲイルが悪戦苦闘し、誘拐犯と戦う

映画館に居た、「難しく、理解が大変だった」と言っていた人の意見

「ゲティって、お金持ちでしょ。 身代金すぐに払えば、いいでしょ」

「お金あるのに、お金を払わない。 わけわからない。 難しい映画で、最後までわからなかった」

 

映画最初のところで、つまづいていますね

「ゲティは倹約家なので、なるべくお金を払いたくというない」という事を理解していなかったようです

確かにそこを理解していないと、最後までわからなかったというのも、わかります

 

TOHO新宿シネマズ

f:id:hatux10y:20180530141331j:plain

 

映画の元ネタ

ジャン・ポール・ゲティ3世の誘拐、実話です

wiki等で調べてみました

「ゲティは身代金を支払ってしまうと、14人いる他の孫たちにも誘拐の危険が及ぶと主張した」映画と同じです

また、320万ドルの身代金要求に対して、支払いをしたのは所得から控除できる最大限度額220万ドルのみ 

実話でも極端な倹約家だったみたいですね

感想

テンポが悪く、途中で飽きる部分もあった

まあまあ面白かった

 

最近では「ペンタゴンペーパーズ 最高機密文書」が面白かった。 「ペンタゴンペーパーズ 最高機密文書」は「すべての政府はウソをつく」(NHK BS)も似たような内容(ドキュメンタリー)で面白かった